TOP > 新着情報 > お役立ち塾長日記 > 夏至は、英語で……?

夏至は、英語で……?

カテゴリ

皆さん、こんにちは。学びの庭・塾長の柳です。

 

昨日は夏至でしたね。そして、が大変にきれいでした。

 

さて、授業の中で、「夏至は英語で何というか?」という発問をしてみました。

 

もちろん、

summer solstice

というやや難しい言い方もあるのですが、

単純に、

 

midsummer

 

でいいと思います。

 

「真夜中はmidnight、では夏至は夏の真ん中だから?」

とヒントを出すことで、塾生の皆さんは、見事、正解を出すことができました。

 

さらに、塾長は生徒さんたちに、

「A midsummer night’s dreamと言えば、作者は?」

「その劇付随音楽を作ったのは誰?」

「そのなかの結婚行進曲なら、知ってるよね?」

と、矢継ぎ早に質問を浴びせかけました。

 

きょとんとしている子も、いくつか答えられた子も、いろいろでした。

実はムソルグスキー『禿山の一夜』に描かれている「聖ヨハネ祭前夜」とは夏至祭の前夜の意味なので、このmidsummerのことなのでした。

宮沢賢治『銀河鉄道の夜』におけるケンタウル祭も、七夕祭や盂蘭盆会や聖ジョバンニ祭(聖ヨハネ祭)などを結び付けたものであろうといわれています。

 

ともあれ、受験勉強ばかりで、読書による教養も音楽的教養も養えていないようでは、もったいないですよ。シェイクスピア『真夏の世の夢』を読むもよし、宮沢賢治『銀河鉄道の夜』を読むもよし、ぜひ、自ら情操を育んでいってください。

 

 

 

 

 

 

⻑野県⼩諸市の完全個別指導・超少⼈数指導 ⼩・中・⾼・既卒・社会⼈
学びの庭
manabinoniwa.com


〒384-0093
長野県小諸市和田897-2
TEL:0267-24-8688

お問い合わせはこちら